OCPの試用をしたい場合は「登録+テスト」ボタンからメールを送信してOCP登録ガイドを入手するか、便利な資料のPDF文書から同ガイドを入手してください

OCPとは?

OCPとはOnline Claim Platformの略であり、FSC®認証製品とそれを製造する組織の情報をタイムリーに提供するデジタルツールです。OCPはFSC CoCの事務的な作業を助けるだけでなく、認証製品のFSC表示に関する情報を提供します。認証取得者は無料で利用できます。

OCPを使うことにより、ユーザーは認証取得供給者と顧客をつなげることができます。これにより供給者の認証範囲や認証状態の変更が自動的に通知されるようになります。ユーザーは自身の購入または販売した認証製品の取引情報を入力し、その正確性を取引先に承認してもらうこともできます。入力データは最高のセキュリティ基準を満たした安全なインターネットプラットフォームで扱われます。また認証製品の購入量や販売量、製品に含まれている可能性のある樹種や原産国についての情報を手元にダウンロードすることも可能です。

OCPはFSC CoCの要求事項を満たすために使用することができますが、使用は義務ではなく任意です。

OCPを使用することにより認証維持のための手間の軽減を図ることができます。FSCではOCPを使用することによって、CoC要求事項の大部分が自動的に適合している状況を作るべく開発を進めています。

これらの変更により、認証維持の手間や審査の簡略化が可能になるはずです。また同時にFSC制度の強化にもつながります。

OCPの紹介ビデオをご覧ください。

OCPの使い方

OCPの使い方はユーザーが決められます。認証製品の取引量やFSC表示の確認のため、FSC認証取得者の認証の有効性確認のため、CoC事務作業のサポートとして、欧州木材規制等の規制への対応のためなど、様々な用途で使用できます。現在改定されているCoC規格ではOCPは義務化されません。一方で、改定CoC規格では認証製品の取引に関わる二者間でそれぞれが保管している伝票の整合性を確かめるための要求事項が含まれる予定です。OCPはこの要求事項を満たすために使用することができますが、それ以外にも既存のITシステムで要求事項を満たす方法や、第三者の開発したソフトを用いて、手作業で照合する方法などでの対応も可能です。

OCPを使用するためにはアカウントを作成する必要があります。またOCPのメリットを最大限発揮するためには、供給者や顧客とつながる必要があります。一度つながれば、供給者や顧客の認証状態に変化があれば自動的に通知されるようになります。

供給者からFSC認証製品を購入した際には、請求書の情報に基づきFSC表示や数量などをOCPに入力します。入力がされると供給者に通知がされるので、供給者は入力された情報が正確かどうか確認をすることが出来ます。これにより取引に関わる両者がFSC表示や数量情報の正確性を保証していることになります。

OCPへの入力方法は3つあります。1つは手入力によるもの、もう1つは表計算ソフトを使用したもの、最後の1つは自身のITシステムに統合させ、自動的に 情報がOCPにアップロードされるようにする方法です。

OCPの使い方ビデオでもOCPの使い方を学ぶことができます。

OCP – CoCをサポートするツール

OCPは現在改定中のFSC CoC規格で新たに含まれる予定の要求事項に適合するために使用可能なツールです。新たな要求事項は現在のFSC CoC制度が抱える問題を解決するために導入されます。問題の原因はFSC認証製品の取引において、供給者と購入者それぞれの提⽰する販売量と購⼊量が⼀致するか確認をする仕組がないことによります。間違った購入量の報告はミスによって起こる場合と、故意に虚偽報告がされる場合がありますが、FSC認証製品の取扱量が非常に増えている中、現在の規格と審査⼿続きでは認証機関やASIがFSC製品取扱量の整合性に問題があったとしても、これに気がつくのは困難です。改訂版CoC規格ではこの問題を解決するための要求事項が含まれる予定であり、OCPを使用することにより新しい要求事項を満たすことが可能となります。

OCPは更に以下の便利な機能や特徴があります:

• FSC認証製品取引情報と数量概要の自動集計
• 任意の特定の認証取得者をフォローすることにより、認証状態の変化がリアルタイムで自動的に通知される
• 製品に含まれている可能性のある樹種と原産国を手元操作で入手できることにより欧州木材規制やアメリカレーシー法などの木材規制への対応ができる
• 堅固な情報セキュリティ
• ペーパーレスのCoCシステムへ向けての最初のステップ

これらはOCPの最初の一歩でしかありません。OCPを使いながら欲しい機能があればお知らせ下さい。皆にとってメリットのある仕組みとすべく改善を続けていきます。

より詳しい情報はよくある質問をご覧ください(FAQ’s)。

スケジュール

システムのテストをしたい認証取得者向けに、現在OCPのデモバージョンが利用可能です。上記の「登録 + テスト」ボタンをクリックし、メールを送信すると使用説明書およびデモバージョンのURLが送信されます。

デ モバージョンとライブバージョンのどちらを使用するか選択してください。デモバージョンでは入力したデータは定期的に削除されます。またデモバージョンで はシステムから誰にも正式な通知が送られることはありません。ライブバージョンではデータは削除されることはありません。

OCPは任意使用のシステムです。

一方で、現在のCoC規格ではFSC認証製品の取引において、供給者と購入者それぞれの提⽰する販売量と購⼊量が⼀致するか確認をする仕組がありません。間違った購入量の報告はミスによって起こる場合と、故意に虚偽報告がされる場合がありますが、FSC認証製品の取扱量が非常に増えている中、現在の規格と審査⼿続きでは認証機関やASIがFSC製品取扱量の整合性に問題があったとしても、これに気がつくのは困難です。改訂版CoC規格ではこの問題を解決するための要求事項が含まれる予定であり、OCPを使用することにより新しい要求事項を満たすことが可能となります。このためにFSCはOCPを開発しましたが、⼀方でFSCはOCP以外の方法で是正することも可能であることは認識しています。

OCP開発の最新情報を常に受け取りたい場合は、こちら(ocp-news@fsc.org.)のメールアドレスまでご連絡下さい。

プラットフォームが使えることを確かめてください。

FSCはシステムの改善のため、システムがどのように機能しているのか、フィードバックを集めています。システムに実装したい機能やアイデアがございましたらご連絡ください(連絡先)。